レトロガラス「結霜」のフレーム

 

明治後期から昭和の初期に作られた、レトロガラス「結霜(けっそう)」のフレームです。

 

昭和25年ごろに、新しい製法の型板ガラスに取って代わられるまで作られていた、日本の板ガラスの歴史で一番古いアンティークガラスです。

雪の結晶のような模様は、ガラスの表面に塗った膠(ニカワ)が乾く時に表面がはじけてできる模様で、職人さんの手作業でひとつひとつ作られたものですので、同じ模様がなく、繊細で美しいと建具や箪笥によく使われたそうです。

 

古いお宅の建具で使われてていたガラスです。建具にはめ込まれていた木枠付きのままにしてあります。

明るい光は通すけど、向こうがはっきり見えないレトロガラスですので、お部屋の壁に立てかけて置いたり、明かり取りのガラスとして建具にはめ込んだり、キッチンなどの目隠しとしてなど、いろんな使い方ができそうです。

 

※現在の在庫は、2枚です。

※価格は、1枚当たりの金額です。

 

●サイズ(多少の誤差はご理解ください)

タテ 840㍉、ヨコ 328㍉

木枠の厚さ 14㍉

ガラスの厚さ 2㍉

 

●使用上問題はありませんが、気になるところ

  • 長年、屋内の建具のガラスとして使用されてきたものですので、ガラスの表面に極細の線のようなキズがあったり、木枠に変色が見られたりします。(お送りする商品の選択は、当方にお任せください。)

 

《配送料とお届希望時間帯について》

・配送料は、1000円です。

・小さな商品を複数、同時にご注文いただいた場合は、1つにまとめてお送りします。(配送料は、1個口の金額になります)

・家具類と同時にご注文いただいた場合は、梱包等の事情により、同梱することができませんので、個々に配送料をいただきます。

・こちらの商品は、お届け希望時間帯の指定ができます。

①午前中②12〜14時③14〜16時④16〜18時⑤18〜20時⑥20〜21時

 

ご希望の時間帯がございましたら、ご注文時に「メモ欄」に記載ください。記載のない場合は、時間指定なしの最短でのお届けとさせていただきます。

¥3,834

  • 在庫あります
  • 配送期間:3-7日1

●それぞれの写真をクリックしていただくと、拡大して見ることができます。

●商品のことや当サイトについて、ご不明な点、気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。