昭和の型板ガラス「古都」

 

昭和の古い住宅には、当たり前に見られる「型板ガラス」。昭和40年代に、国内のガラスメーカー各社で、競うように様々な図柄の製品が大量に生産され、当時は「型模様戦争」と言われるほどの勢いで製造されていたそうです。今では、そのほとんどが作られていないので、昭和の古い住宅に残っているものは、ある意味貴重なのかもしれませんね。

 

「古都」は、1969年(昭和44年)に、日本板硝子株式会社が発売した型板ガラスです。京都の町並みをイメージした図柄なのでしょうか。

  

型板ガラスは、片面に模様をつけたガラスです。模様付きのロールと、模様無しのロールの間に、ガラスの溶けた生地を通して作られます。模様の付いていない面は、まっ平らかというと、そうではなく、表面が少し波打っている、いわゆる「ゆらゆらガラス」で、ガラスに写った景色は、ぼんやりと揺らめいて見えます。

 

明るい光は通すけど、向こうがはっきり見えない型板ガラスは、外からの視線を遮るための建具に使われたりと、とても機能的ですが、それと同時にとてもオシャレなんですよね。

 

ガラスの厚さ 2㍉

 

●使用上問題はありませんが、気になるところ

  • 長年、屋内の建具のガラスとして使用されてきたものですので、中には、ガラスの表面に極細の線のようなキズ(遠目に目立つキズではありません)が付いているものもあります。

 

《配送料とお届希望時間帯について》

・配送料は、1000円です。

・小さな商品を複数、同時にご注文いただいた場合は、1つにまとめてお送りします。(配送料は、1個口の金額になります)

・家具類と同時にご注文いただいた場合は、梱包等の事情により、同梱することができませんので、個々に配送料をいただきます。

・こちらの商品は、お届け希望時間帯の指定ができます。

①午前中②12〜14時③14〜16時④16〜18時⑤18〜20時⑥20〜21時

 

ご希望の時間帯がございましたら、ご注文時に「メモ欄」に記載ください。記載のない場合は、時間指定なしの最短でのお届けとさせていただきます。

 

●サイズについて

タテ・ヨコの寸法を測ると、右端と左端で数ミリ違う場合がありました。

例えば、一方の端で測ると100㍉、もう一方の端で測ると103ミリだった場合は、「100~3㍉」と表示しています。

¥2,700

  • 現品限りです。
  • 配送期間:3-7日1

●それぞれの写真をクリックしていただくと、拡大して見ることができます。

●商品のことや当サイトについて、ご不明な点、気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。