ダイヤガラスのベロ付き食器棚【S1】

 

昭和30年代頃のものかと思われる、レトロな食器棚です。

真ん中ぐらいに、ちょっと物を乗せることができる、引き出しできる板「ベロ」が付いていて、便利です。

引き戸に使われている、ダイヤガラスも昭和レトロの代表選手ですね。(ダイヤガラスは、日本板硝子㈱が、昭和27年9月から製造開始した、昭和の型板ガラスの中でも初期の頃の製品です)

 

表に見える主材は、センの木です。ケヤキに似た木目で、当時、高級なケヤキの代わりに、ちゃぶ台などにもよく使われていました。

日常使いの食器棚なので、本当によく使い込まれています。

引き戸や扉を開け閉めする際に、指があたる取手や、引手の周りのキズや変色、側面には、押しピンなどでメモを留めたのでしょうか?小さな穴がたくさん空いています。

内部の棚板や底板には、輪ジミ、キズ、日焼け、などなど。

長年、使われてきたシルシと、年月の経過で生じた、反りや収縮による割れなど、長い歴史を感じます。

当時の住宅事情などもあって、今の食器棚と比べると、小さめサイズです。でも、それがかえって、圧迫感を感じさせません。

 

 ●サイズ(若干の誤差はご理解ください

 高さ 1660㍉、幅 904㍉、奥行き (上)334㍉+取手20㍉、(下)400㍉+取手20㍉

※本体は、上部と下部の2つに分かれます。

《収納内部の寸法》

〈上部〉

【板引き戸の内部】高さ 244㍉、幅 847㍉、奥行き 280㍉

【ダイヤガラスの引き戸の内部】高さ(棚板の上)215㍉、(棚板の下)230㍉、幅 847㍉、奥行き 280㍉、棚板の奥行き 215㍉

【引き出しの内部の寸法(3杯とも)】深さ 75㍉、幅 225㍉、奥行き 283㍉

【ベロを出したときの寸法】幅 820㍉、奥行き 180㍉

〈下部〉

【扉の内部】高さ 480㍉、幅 240㍉、奥行き 350㍉

【板引き戸の内部】高さ(棚板の上)247㍉、(棚板の下)239㍉、幅 582㍉、奥行き 350㍉、棚板の奥行き 217㍉

【引き出しの内部の寸法(2杯とも)】深さ 90㍉、幅 376㍉、奥行き 323㍉

※ 棚板は、いずれも固定されていません。取り外すことはできますが、位置を変えることはできません。

 

 ●使用上問題はないのですが、気になるところ

  • 収納内部の地板は、杉の板を継いで作られているのですが、長い年月の経過で板が収縮し、板の継ぎ目の接着が外れて隙間ができています。補強を兼ねた板材を、裏から接着しています。
  • 棚板の杉板には、反りと、虫食い跡の小さな穴があります。(現在は、虫はいません!)
  • 外側も内側も全体的に、キズや凹み、変色やシミなど、長い年月の経過や、長年使用されてきたシルシが多数見られます(写真をご参照ください)。大きなダメージはありませんが、古いモノの特性として、小さなダメージはいっぱいあります。ご購入の際には、よくよくご検討ください。

 

《配送料とお届け日時について》

・配送料は、11,000円です。ただし、北海道、沖縄県については、配送料が変わりますので、お問い合わせください。

・家具類と小さな雑貨類を同時にご注文いただいた場合は、梱包等の事情により、同梱することができませんので、個々に配送料をいただきます。

 

※こちらの商品は、大型の家具のため、ヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」でお送りさせていただきます。「らくらく家財宅急便」は、引越便となり、配送員(2名)がお届け先で荷物を開梱し、所定の位置に商品を設置してくれます。

※ご注文確定後、お届けご希望日と時間帯をメールにて調整させていただきます。

¥46,980

  • 現品限りです。
  • 配送期間:7日以上1

●それぞれの写真をクリックしていただくと、拡大して見ることができます。

●商品のことや当サイトについて、ご不明な点、気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。