分厚い檜の一枚板の作業台

 

背板以外は、分厚い檜(ヒノキ)の一枚板で作られた、とてもしっかりとした作業台です。

元は、陶器を制作する工場の作業台だったそうです。

粘土をこねたり、打ち付けたり・・・、分厚い一枚板でできた作業台は、多少の衝撃や、重さに、ビクともしないでしょうね。

椅子に座って作業をしようとすると、ちょっと高いです。立っての作業にちょうどいいサイズです。

 

天板の下は、オープンの棚スペースになっていて、これまた分厚い棚板なので、かなりの重さに耐えます。

背板が入っているので、カウンターのようにもお使いいただけます。

 

作業台でしたので、あちこちにキズや、凹み、変色やシミなどが見られますが、大きなダメージはなく、とてもガッシリ、しっかりとしています。

長年の使用と時間の経過で、明るい飴色に変化しています。使うほどに、更に深みが増しそうです。

 

●サイズ(多少の誤差はご理解ください)

高さ 798㍉

天板のサイズ 1210㍉×480㍉ 厚さ 72㍉

棚板のサイズ 952㍉×365㍉ 厚さ 25㍉

棚の高さ 【上】279㍉、【下】300㍉

※棚板を外すことはできますが、位置を変えることはできません。

重さ 正確ではありませんが、30kg前後です

  

●問題はないのですが、気になるところ

  • 部材のほとんどが、分厚い檜の一枚板ですので、しっかりとしているとともに、とても重いです。
  • 無垢板の一枚板であるため、時間の経過により、棚板には割れが出ています。木口(棚板の端)には、これ以上の割れを止めるための波釘が打たれていて、安定しているため、若干の反りはありますが、このままのご使用でも問題はないと考えます。(写真をご参照ください)

¥14,000

  • sold out

●それぞれの写真をクリックしていただくと、拡大して見ることができます。

●商品のことや当サイトについて、ご不明な点、気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。