ダイヤガラスのベロ付き食器棚【R1】

 

昭和30年代頃のものかと思われる、レトロな食器棚です。

真ん中あたりに、引出して、ちょっと物を乗せることができる板「ベロ」が付いていて、便利です。

引戸や扉に入っているダイヤガラスは、昭和の型板ガラスの中でも初期の頃の製品で、日本板硝子㈱が、昭和27年9月から製造開始し、長く、家具や建具に使われました。ダイヤの粒が散りばめられたような、キラキラしたガラスは、中のものをはっきりとは見せない収納ができます。

 

古い家具なので、途中、オーナーさんも変わられて、職人さんによる、しっかりとした修理をし、元々無かった棚板を増やしたりなど、手を加えた跡も見られます。

大事に大事に使われ続けてきたようですね。

 

 

当時の住宅事情などもあって、今の食器棚と比べると、少し小さめです。でも、それがかえって、圧迫感を感じさせません。

 

 ●サイズ(若干の誤差はご理解ください) 

高さ 1618㍉、幅 923㍉、奥行き (上)320㍉、(下)405㍉

※本体は、上下に分割します。

 《引出しの内部のサイズ》(4杯とも)

深さ 75㍉、幅 209㍉、奥行き 252㍉(2段目の引出しのみ、238㍉)

 ※ 引出しの底の裏と、本体の内部(桟)に、それぞれ対応する番号をスタンプしています。引出しのサイズが同じものでも、板厚の差や、反りなど微妙なことで、位置が異なると収まらないことがありますので、対応する位置でお使いください。(写真を参照ください)

《ベロのサイズ》

幅 821㍉、奥行き 240㍉(ストッパーが付いているので、これ以上、前に出ません)

※ 引き戸の内部のサイズは、写真に記載しました。

※ 全ての棚板は、取り外せますが、高さを変えることはできません。

 

●使用上、問題はないのですが、気になるところ

  • 長年使用されてきた古いものですので、全体にキズや凹み、欠け、変色、日焼け、シミなど、小さなダメージはたくさんあります。
  • ベロの部分で、本体は、上下に分割できます。工具を使って連結しているわけではなく、乗せてあるだけです(位置を決めるために、小さな木栓が2ヶ所あるので、ずれることはありません)。そのままご使用いただいて問題はありませんが、必要に応じて、転倒防止等の金具を取り付けてください。

 

《配送料とお届け日時について》

・配送料は、11,000円です。ただし、北海道、沖縄県については、配送料が変わりますので、お問い合わせください。

・家具類と小さな雑貨類を同時にご注文いただいた場合は、梱包等の事情により、同梱することができませんので、個々に配送料をいただきます。

 

※こちらの商品は、配送員が1人で運ぶことができない大型の家具のため、ヤマト運輸の「らくらく家財宅急便」でお送りさせていただきます。「らくらく家財宅急便」は、引越便となり、配送員(2名)がお届け先で荷物を開梱し、所定の位置に商品を設置してくれます。

※ご注文確定後、お届けご希望日と時間帯をメールにて調整させていただきます。

¥63,800

  • 現品限りです。
  • 配送期間:7日以上1

●それぞれの写真をクリックしていただくと、拡大して見ることができます。

●商品のことや当サイトについて、ご不明な点、気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。