事務用!?木と鉄のレトロな回転イス

 

役場のちょっとエライ方が座っていた(らしい)、事務用と思われる回転イスです。(不確かな情報ですみません)

脚の部分は、木製のドクターチェアなどと同じ、木製の脚と鋳物の回転金物で作られていますが、背もたれとシートの間のパーツが、鉄で作られているのがちょっと変わっています。

リラックスするためのイスというより、デスクワークなど作業をするためのイスなのでしょうね。

 

回転することで、高さが上下します。(時計回りに回すと、低くなります。)

 

古いものですので、小さなキズなどはありますが、イス自体はとてもしっかりしています。

シートは、破れなどがありましたので、グリーンのモケットの生地に張り替えました。張り替えの際に、シートの中に入っているバネを吊り直し、クッション材も新しくしました。

 

 ●サイズ(若干の誤差はご理解ください)

高さ 710㍉~770㍉

シートの高さ 425㍉~485㍉ぐらいまで(これ以上高くすると、回転軸が抜ける状態になりますので、ご注意ください)

座面のサイズ 幅 385㍉、奥行き 380㍉

 

●使用上問題はないですが、気になるところ

  • 長年使用されていたものですので、木部の脚に、こすれた跡や、小さなへこみ、キズなどが見られます。
  • 背もたれとシートの間の鉄のパーツは、塗装が剥がれて錆びていましたが、サビ変換材を塗布し、黒色に再塗装しています。
  • イス自体は、とてもしっかりしているのですが、構造上、座っていて、身体を傾けると、少し揺れます。回転軸がスムーズに回転するために、少しの余裕(隙間)が作られているためですので、問題はありません。
  • モケットの生地は、繊細な繊維が毛倒れして、筋やムラが見えることがありますが、商品特性であり、使う程に馴染んできます。

 

¥32,400

  • sold out

●それぞれの写真をクリックしていただくと、拡大して見ることができます。

●商品のことや当サイトについて、ご不明な点、気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。