昭和レトロな鉄脚イス(抹茶色)

 

昭和時代に飲食店や家庭でよく使われていた、鉄脚のイスです。

これは、鉄脚のダイニングテーブルとセットだったものです。

50年以上使われていたもののようですので、鉄脚の部分に少しサビがでていました。サビが進むのを防ぐため、赤錆を黒錆に変える「サビ変換材」を塗布し、仕上げの塗装をしています。(サビ変換材については、こちらをご覧ください)

 

元々のシートと背もたれは、こげ茶色のビニールが張られていましたが、長い年月の経過で劣化し、硬くなって、破れてしまっていました。

中のクッション材もペッタンコになっていたので、新しいウレタンフォームに交換し、新しいイス生地に張り替えています。

4脚あったイスの内、同生地で2脚を抹茶色に、もう2脚をあずき色(別ページでご紹介しています)にしました。

 

鉄脚のフレームは、まだまだしっかりとしています。

 

 ●サイズ(若干の誤差はご理解ください)

高さ 810㍉、幅 380㍉、奥行き 490㍉

シートの高さ 450㍉

シートのサイズ 幅 380㍉、奥行き 380㍉

¥14,800

  • sold out

●それぞれの写真をクリックしていただくと、拡大して見ることができます。

●商品のことや当サイトについて、ご不明な点、気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせください。